看護部

看護部長からのメッセージ

 今までの精神科看護を継承しつつ、新たな看護を創造すること大切にしております。それに向け遭遇するさまざまな精神症状に対して経験的な対応から、脳の構造・機能を踏まえた臨床推論による科学的根拠に基づく対応への変換をしました。また、問題解決志向から患者様の健康な面に働きかけるストレングスモデルを導入しました。さらに、快刺激となるカンフォータブル・ケアを看護の基本としています。

 新たな精神科看護の実現に向け、教育には力を注ぎさまざまな工夫をこらしています。スキルアップのための教育プログラムは、ラダー別の研修に加え急変時対応やリフレクションする機会を集合教育で実施し、精神面と身体面のケア提供力が向上できる企画や、「精神衛生研究所」でのトピックス研修を活用しています。

 更に、精神障がい者の地域包括ケアシステムの実現に向けて、入院中から患者様の自立を支え、関連機関との連携を図り、社会資源を活用できる体制作りに取り組んでいます。

 当院は、職員・患者様のダイバーシティ(多様性)を尊重し、地域から必要とされる病院に変革し続けることができる人材育成を目指します。

仁明会病院 看護部長  岩部 政人

看護部目標

  • 医療従事者として、ふさわしい身だしなみや態度を心がける
  • 病棟の機能・特性を踏まえた看護ケアの質の向上に努める
  • 自己の成長発達段階を認識し個々に応じた自己啓発を行う